世界日本化計画

世界の中の日本の立ち位置を探る

「朝鮮に皇帝などいなかったぞ!」日中韓の「皇帝」の違いを解説する動画をめぐる海外の反応

time 2018/03/03

スポンサー
スポンサー

中国・日本・朝鮮における「皇帝」について、その違いを解説した動画がネット上で話題になっていました。話題に、というより次々に寄せられる「朝鮮に皇帝などいなかったぞ」という反論コメントでなかば炎上に近い状態のようでしたが‥。

ちなみに動画の大意ですが、通り一遍の説明な上、コメントでも指摘されているように間違いだらけの内容ですので、割愛させていただきます。

 

●この動画はきちんとした調査の上で作られたものではないように思う。

 

●朝鮮の支配者は皇帝ではなく王だった。それと動画主は朝鮮と日本が中国の朝貢国だったという事実を見落としている。

日本は10世紀、唐の時代に朝貢国であることをやめた。1100年も昔のことだよ。

1897年から1910年の期間だけど、朝鮮にも皇帝がいたよ。

 

●朝鮮には皇帝はいなかった。いたのは「王」だけだ。

朝鮮というのは歴史上、ずっと中国の属国だった。中国に跪いてその保護を受け、お金を恵んでもらっていたんだよ。今はアメリカに同じことをやっているんだから笑っちゃうぜ。

 

●朝鮮は数千年もの間、常に東アジアの道化師だった。その歴史は他国に侵略されては貢ぎ物を贈って命乞いをするという連続だった。宋王朝はモンゴルに50年間も抵抗した。中国は二人のモンゴルの大王を戦闘で殺害した。満州人が中国に侵略してきた時、抵抗は数十年にも及んだ。ヌルハチと戦って死に追いやったのは中国人だった。一方、朝鮮人はわずか2ヶ月でヌルハチに降参している。

 

●朝鮮は帝国でもなかったし、皇帝を戴いていもいなかった。戴いていたのは王であり、そこにあったのはいくつかの王国だけだった。

スポンサー

 

●朝鮮に皇帝はいなかったよ。朝鮮はそのほとんどの期間、中国の属国だった。

 

●朝鮮は数千年の間、中国の一部だった。

 

●日本の天皇家は賢いと思うよ。なぜなら英国と同様、国民の象徴としてのみ存在しているからね。中国と朝鮮から皇帝が消えたのはそうでなかったからだよ。

日本の天皇が象徴となったのは第二次世界大戦で負けたからだよ。

スポンサー
スポンサー

 

●中国皇帝=朝鮮皇帝 > 日本の野蛮な酋長

天皇は今も存在しているよ。中国や朝鮮と違ってね。

それが野蛮な証拠だよ。いまの時代、誰も皇帝など必要としていない。

 

●こいつは朝鮮のことをまったく知らないようだな。

まったくな。朝鮮には王しかいなかったのに‥。

まあせいぜい妄想をたくましくしてればいいさ。朝鮮は中国の属国なんかじゃなかったし、朝鮮人は中国人にも日本人にも雄々しく抵抗した勇敢な戦士だったってな。

 

●李氏朝鮮時代を除いてだが、朝鮮には皇帝がいたぞ。

たとえば誰がいたんだ?

ウリナラマンセー(笑)

 

●10:09〜10:50のところ、彼らが着ているのは9割方、中国服といっていい服だよ。韓服ではない。コリアンは整形手術によってばかりでなく、中国の歴史や文化、武侠小説などをパクったKポップドラマを通しても歴史を捏造している。

 

●朝鮮には皇帝などいなかった!

 

●古代から現代にいたるまで朝鮮は歴史上、常に隣国の支配下にあったか、属国でしかなかった。

 

●朝鮮の皇帝? ありえないだろ。中国と日本にはたしかに皇帝はいたけど、朝鮮にはいなかった。高句麗時代、皇帝とみなしてもよいような王はいたけど、1000年以上前の話だ。

 


管理人後記

「朝鮮に皇帝はいなかった」と主張している人の半分近くが中国人のようでした。コリアンの文化剽窃には、中国人もよほど腹に据えかねているようです。

スポンサー
スポンサー

スポンサー
スポンサー
世界日本化計画 ツイッターでもつぶやいてます

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

海外の食

スポンサー

スポンサー

RSSフィード

サイトを引っ越し中です。まとめサイトなどで弊サイトのRSSフィードをご利用の方はご面倒ですが、以下のように変更をお願いします。

旧RSS http://japanintheworld.online/feed

新RSS http://worldjapanization.online/feed


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。