野蛮人の風習だろ? いや違うよ! 「切腹」をめぐる外国人の侃々諤々

広告

日本文化を語る場合、避けて通れないのが切腹です。この切腹に対し、外国人はどのように見ているのでしょうか? ということでちょうど切腹の作法を解説する動画がありましたので、そこについたコメントを翻訳してみました。※最後にあるいくつかのコメントは別の動画から拾いました。

 

●日本人は明治維新に感謝すべきだな。でないとお前ら今も切腹させられていたんだぞ。

 

●なるほどこれは名誉に関わる行為なんだな。だけど銃で撃たれる方が楽だよな。

 

●なんとも滑稽な伝統だな。

 

●YouTubeは何やってんだ? 他のどうでもいい動画は検閲の対象としておきながら、自殺のやり方を見せるこの動画はかまわないってのか?

 

●くだらねえ!

 

●日本人てのはどうしようもねえ奴らだな。

 

●今夜やってみるよ! やり方を教えてくれてありがとう。

 

●今度の週末に試してみよう(笑)

 

●これは切腹じゃないよ。切腹というのは、一方の側から反対側の方向へ胃袋を切り裂くものだ。

 

●興味深いね。こんなことを実際にやった人がいたなんてちょっと信じられないけどね。

 

●自殺する時はこうするか。

 

●腹を切り裂いた後、首を切られるんだぜ。これっていわば二重の殺人であり、やりすぎというものじゃないのか?

首を切るのは苦しみを長引かせないためだよ。

 

●野蛮人!

 

●ひとつ疑問なんだけど、どちらにしろ殺されるんなら、自分で腹を切る必要はないとおもうんだけど‥。

これは名誉の死なんだよ。誰かに敗北した結果、死ぬわけじゃない。

 

●月代が間抜けっぽいな。

 

●先祖が侍という友人から聞いた話だけど、首は完全に切らないで皮一枚残すと言ってたぞ。

 

●日本人ってのは本当に変わった奴らだよな。

 

●これは「カワイク」ないな。

拳銃自殺はカワイイぞ。

 

●ここでコメントしている奴らのうち98%は切腹するつもりなんだろうな。俺はやらないけど。

 

●もし俺が行方不明になったら、家族には俺がこの動画を観ていたという履歴を発見して欲しいものだ。

広告

 

●これは日本の封建的な儀式のうちでもっとも愚かしいものだよ。もし「切腹しろ」と言われたら俺ならこう返すね。「君が先にやってみろよ」ってね。

それは違う。もし切腹を拒否すれば君は「殺されなければならない」。切腹というのは他人の手によって殺されたという恥辱から君の名誉を守るチャンスでもあるんだよ。

それは知ってるよ。ただ俺は武士道というのものはクソだと思っている。

 

●これが恥を雪ぐ唯一の方法なのかな?

そうだ。

残念ながらそうだ。

切腹は名誉を守るためのものだ。もしやらなかったら一族全員が不名誉の汚名を着せられることになるんだよ。

 

●痛みを最小限にするため首を切る人、すなわち介錯人がいるんだよ。

 

●切腹は名誉なことだ。それは武士として私心のないことを証明するためのものなんだよ。

●日本文化って奇妙だよね。日本人はビデオゲームだけ作っていればいいんだよ。日本人は死を最大の恥辱と考えているんだろうな。

 

●不名誉よりも死をーー。サムライはまさしく尊敬に足る人たちだ。現代社会から自決という習慣が失われてしまったのは問題だよ。我々は嘘つきの泥棒どもの世界に生きている。

 

●ハラキリと切腹は何が違うの?

同じだよ。違いは切腹がより正式な言葉だということだ。

 


管理人後記

同じ外国人といっても、「野蛮人の意味不明な習慣」と頭からバカにする人と、かなり深い理解を示す人とにまっぷたつに分かれている印象を受けました。

スポンサー

広告

世界日本化計画 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

35件のコメント

  1. ぶっちゃけ戦では片腕が肩からぶっ飛んだり、頭半分になったり
    想像できない深い傷など凄惨なものだったと思うよ。
    だから切腹が痛そうといっても、戦場でバラッバラにされて重症負うより
    遥かに楽でありがたいものだと考えられてたんじゃないかと思う。
    逆に戦を知らない人は正直嫌だっただろうね。。。

  2. 封建時代の支配階級の自害の作法なんて何処の国でもあるだろうに。ないとすれば何百年も植民地や属国で国民全員が非支配階級だったんだろ

  3. 石垣に挿した剣に向かってダッシュした古代ローマの貴族のことも笑ってみろ馬鹿外人

  4. どんだけ神の奴隷だよw
    神に誓って!ってもう失笑しか出来んわ
    あ、誓ったのに嘘ついた人はどうなるんだろ?
    予想はつくからどうでもいいけどね

  5. またバカ外人(どうせ韓国人だろうが)コメばかりだな。
    犯罪率の高い野蛮な国家が日本にガタガタ言ってんじゃねぇよ。
    日本に生まれ無かった時点で9割方負けなのによ

  6. 戦争と言っても、貴族は捕まえて身代金で手打ちにするのが
    普通の感覚では、切腹は蛮族の考え方に映るのかもしれんなあ。

    また切腹を名誉と言ってる人もいるけど、
    切腹自体は名誉じゃなく、出来るだけ名誉を傷つけないための
    手打ちの方法だというのも分かりにくいんだろうなあ。

  7. 土人必死だなw
    劣等感の先にある行為なんだろ
    朝鮮人みて学んだぜ

  8. 主君を裏切るより腹切りを選び、兵を生かすために城主が腹を切る日本。
    終戦時に侍は消えたのか。
    腹を切る心構えで生きる人物を見なくなって久しい。

  9. 文字通り命を賭けて生きた結果
    それに比べたら人生を賭けるなんて易いこと

  10. 11 時27分の人へ
    松平容保じゃないよ西郷頼母の娘や姉妹だよ

    ギロチンで大量に殺すのも野蛮だけどね

  11. 世界 どんな卑劣で汚い行為をしても生き残って悪事を重ねてやる
    日本 他者に辱められ汚名を残すくらいなら名誉守るために自決する

    これはガラパゴスだね

  12. 切腹のいいところ…人を傷付けずにビビらせられる
    よくないところ…絶対痛い

  13. 仮にこの行為についての全体的な評価が良くなったとしましょう
    この動画にケチつけてる国の人たちが、また起源を主張し始めると思うよ^^;

  14. >日本文化を語る場合、避けて通れないのが切腹です。

    いやいや百数十年前すでに廃れていた、当時の総人口比1%程度の人達の風習でしょ。避ける必要すらなく素通りだろうに

  15. 当時の犯罪は一族に及んだ
    自死すると死人に罪は問えないから裁判自体が無効になった
    この原則が数百年かけてややこしく発展していって幕末に至る

  16. 日本人は死者を辱める事はしない。
    悪人でも死ねば仏だからだ。
    野蛮人とは死者を平気で辱め、戦利品として肉体の一部を切り取ったりしていたアメリカ人や西欧諸国の奴らをいう。

  17. 何もわかってない外人が多いけど、古代のギリシャの武人も大変に名誉を重んじてたよ
    名誉を守るために自サツした事例とか戯曲に頻出する
    ほとんど侍と変わらないメンタリティーだと思う
    一方クリスチャンにとっては自サツは大罪で、中世ヨーロッパとかじゃ首 つり縄を切るのはシ刑執行人、タヒ体は戸口じゃなくて窓から出さなきゃいけないとか、教会のまともな墓地に埋めてもらえないとか、ドえらい差別があった
    自サツを名誉を守るものと見るか不名誉なものと見るかは、宗教と時代と国によってまるっきり全然違うと言える

  18. まあ、なんだかんだ言っても今の感覚から言えば野蛮人の風習だよなw
    野蛮な拷問や迷信で人を殺してきたのは日本も同じ。
    今も野蛮なクソ外人が言っているのは滑稽だけどなw

  19. まぁ キリスト社会的には、自殺は相当の悪行の1つとされてるようですし、このような憎悪を向ける反応はやっぱりなーーっという感じ。

  20. ま、外人さんにはわからねえなあ、会津戦争時松平容保の四姉妹の長女が武家屋敷で妹3人と互いに相殺しあい、自身は最後に腹を切って自決したんだよな、だがすぐに致死には至らず、その時武家屋敷に踏み込んできた土佐藩士中島信行に介錯を依頼したという。その時わずか16歳だったんだよ、こんな日本人の崇高な精神が毛等なんざにはわかるまいて。アジア諸国を植民地にし殺しまくり搾取しまくった毛等ども、どっちが残酷なんかねえ。

  21. 野蛮な拷問をしてきた外人様たちが野蛮だと言っているのが滑稽だね。
    無実な市民を娯楽や金銭の為に魔女に仕立てあげ魔女狩りの拷問している方がよほど野蛮な気がするわ。他者が拷問や殺すのは良いけど、自決するのが野蛮だと思うのはキリスト教の自殺に関する流れからかね。

  22. 切腹の作法自体は昔からあったようだが、武士の誉れとして確定したのは羽柴秀吉の水攻めで城兵を助ける為に切腹した城主の見事な姿にあったらしい
    また江戸時代になって身分社会が確定すると、罪を問われた武士は親類縁者に不名誉が及ばないよう、恥を忍んで生きるよりも名誉ある死を選んだ。その手段が切腹だった

    • 切腹は武士階級に対する処罰だから、名誉のための切腹なんてないよ。
      自分や自分の配下・嫡男が「やらかした」のが前提で、
      そもそも不名誉な状態を雪ぐのが目的であって、名誉のためでなく単なる後始末だよ。
      食事で汚した皿だって洗って汚れを取ったからって新品になるわけじゃない。それと同じ。

      「切腹すれば家名は残すけどどうよ?」=家名が残る=「家臣たちが浪人(失業者)にならない」ってことだから、
      言い渡された時点で家臣は自分たちの保身のために身辺がっちり固めて逃げられないようにしてたからね。
      切腹してまで家臣を守った、と体面を取り繕った結果の「名誉」なんだよ。
      自主的に切腹するよりもお上から言い渡されて切腹させられた方が断然多いし、
      制度として成立してたからね。
      不名誉が及ばないように、でなく、不名誉を肩代わりするのが目的よ。

  23. まぁ変わった風習ってのは認めるが、野蛮人とは違うだろ
    野蛮人は自死などしねえよ

  24. この時代になってこんなことで喧々諤々出来る人たちなんでしょ
    ラリ公と何が違うってのよ?w

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。