アジアを独立させてくれてありがとう! 太平洋戦争を描いた映画についた海外コメント

広告

先日もご紹介しましたが、映画『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男』の動画についていたコメントをあらためてご紹介します。前回ご紹介したのは2年ほど前のコメントでしたが、今回は今現在ついている最新のコメントを拾ってみました。

似たり寄ったりの底の浅いコメントばかりでいまいち盛り上がりにかけますが、最近の「反日世論」の傾向を知る上でなんらかの手がかりになれば幸いです‥。

 

●自らを犠牲にしてまで日本はアジア諸国を独立させてくれた。ありがとう! マレーシアより。

●日本兵に対する見方が変わったよ。彼らは誇りある戦士たちだ。

●戦争映画の中でアメリカ兵がいつもいいヤツに描かれるのはどうしてなんだ?

第二次世界大戦では実際そうだったからだよ。アメリカは日本に攻撃された。だからアメリカはそれに報復しただけだ。しかしベトナム戦争の場合、アメリカがいいヤツに描かれることはない。もっともアメリカ兵はいいヤツに描かれるけどね。

第二次世界大戦中の連合国の戦争犯罪
https://en.wikipedia.org/wiki/Allied_war_crimes_during_World_War_II
ドイツ占領下のレイプ
 https://en.wikipedia.org/wiki/Rape_during_the_occupation_of_Germany
フランス解放時のレイプ
https://en.wikipedia.org/wiki/Rape_during_the_liberation_of_France

●昔の日本人は本物の男たちだったんだな。紫色に髪を染め、アニメばかり見ている臆病者ばかりだと思っていたよ。

●アフガニスタン人とイラク人に日本人と同じだけの賢さがあったなら、今頃彼らは立派な国を作っていただろうに‥。

●日本人が大勢の女性をレイプし、性奴隷にしたという事実を知らない人が多いようだな。

落ち着けよ。クズ白人。

でも俺は日本人女性やアジア人女性は好きだぜ。

●日本人を皆殺しにしろ!

●武士道というのは敵によって虜にされ、味方を裏切るよりは自決を選ぶものだよ。

●テンノーヘイカバンザイ!

●日本は地獄に堕ちろ!

●日本の犬どもはシネ!

●明治維新後、拡張政策を採ってきた日本は結局、第二次世界大戦で敗北した。それは自業自得というものだ。日本人はドイツ人と違い、あの戦争を反省していない。我々は日本に再び軍国主義が生まれるのを防がなければならない。

広告

●この映画を観た後、何が原因であれ戦争というのは憎むべきものだと思ったよ。

●これはまったくとんでもない映画だ。なんでまた日本兵が被害者のふりをしてるんだ? 日本兵は大勢の市民を殺害した。南京虐殺を行い、大勢の朝鮮人を殺した。もちろんバターン死の行進も忘れてはいけない。日本兵は虐殺者以外の何ものでもなかった。この映画にはまったくむかつく。日本人がナチスと同じ種類の連中だったというのは常識だぞ。

韓国はベトナムで大虐殺とレイプ事件を引き起こした。

●私はインドネシア人だ。インドネシア独立万歳!

●ナチスによるユダヤ人虐殺や日本による大量殺人のことには触れても、一般市民に対する大量虐殺であったアメリカによる日本への原爆投下のことには誰も触れようとしない‥。

●俺は日本人を尊敬する。彼らは勇敢だし、何より強かった。もちろんなかには悪いことをした奴もいただろうけど、しかし彼らは名誉と誇りのために戦った。すべての兵士たちよ、安らかに眠れ。そして神の祝福を。

●俺は日本人を尊敬するよ。そしてできればカミさんも日本から迎えたい。

●アメリカ! お前らこそ世界一の侵略者だろが!

●日本人、アリガトウ。私は日本が好きよ。

●この映画は事実じゃないよ。日本は南京で大虐殺を行った。日本兵は中国人に対してこんなに礼儀正しくなかった。フィリピン人に対しても同様だ。また捕虜も非人間的な扱いを受けた。

●彼らはいったい何のために戦ったんだ?

●本当のところ一体何があったんだ? 日本人は中国人を大勢殺したんだろ? なのに現在中国は俺たちアメリカを憎み、日本は我々の同盟国だ‥。

スポンサー

広告

世界日本化計画 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造慰安婦説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

ブログ主

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。